佐藤康行のメンターとしての仕事

  • 2015年06月10日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

 

『存在そのものの世界を現代に活かす』

そのことの証明を、6月13日㈯光が丘にて、佐藤康行本人と実証者が現します。

会場にて、お待ちしております。

http://ys-nagashima.com/

 

Q.役割というキーワードがあるんですが。

 

A.役割は、何なのかということですね。役割。

コンテンツと、バックエンドと、メンターと、これで説明します。

薬物依存症、引きこもり、アルコール依存症、今、親との関係のいろんな部分とか、うつ病だとかある。

もっと言うと、成功だとか、経営だとかいろいろある。入り口はそっち。いろいろあるじゃないですか。

正にこれがコンテンツ。これを改善するとか、伸ばすと言っているのは、これがコンテンツで、

ここが、皆人間がやっていることだから、ここに心があるでしょ。心。

心の奥に三層構造があって、ここに真我があるじゃないですか。

真我に目覚めていって、これを解決していく。全部、解決していく。

心が変わり、すべてが変わっていく、ということです。

そのことによって、こちらの方が、真我に目覚めていって、スクリーンに映る鏡の姿が変わるわけ。

で、ものによっては、宗教があり、精神世界があり、心理学であり。

それから、医療があり、教育があり。これもやはり、全部同じ構造だと思ったらいい。

この中に、心があり、真我があり。真我の、ここがバックエンドですよ、ここがコンテンツですよ。

真我は最終的に、スゴロクでいう上がりっていうでしょ。ここがバックエンド。

コンテンツから入っていく。ここは宗教の延長線上で来る人もいるし、ということなんです。

こちらも、やはり鏡として、神鏡として変わっていく。

神鏡として変わっていったときに、物事の認識、見方が変わる。

そうすると、出てくる発想が変わる。

人類全体が変わってくると次元が変わってくる、地球が上がっていくということです。

で、これの仕組みを全部教えるのが、正にメンターとしての仕事なんです。

指導者としての仕事なんです。

だから、コンテンツとバックエンドと、これを総合的に、仕組みを伝えていく。

こういう全体像を今、伝えている人は、まだ居ないだろうから。

だから、それを指導者として、自覚をしなきゃいけないと。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。