佐藤康行の人生の振り返り? 佐藤康行の本当の無限をだすとは?

  • 2015年02月16日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

Q.佐藤康行の人生の振り返りをしているのは、なぜですか?

 

A.あの、内観って知っているでしょ。自分を見ていくんです。明らかに、私があみ出した、すべての講座も、すべてのものは、私から出てきたものなんです。

ちょうど、空中から出したようなものです。ということは、私なんですよ。

私は、自分で自分の鏡で見たら、顔は見えるけど、自分の心の中は見えないじゃないですか。

見なかったらどういう状態なのか、何でそういうものが出てきたか、わからないじゃないですか。

それを、わかるために、自分を今振り返りをしているんです。ずっと、一体俺は何でそんなことが出来るようになったのかって。ずっと振り返ってく。

究極の内観は、自分の今まで歩いてきた道じゃなくて、その向こうにある真我で見れるようになる。それも内観なんです。真我を見る内観なんです。

そこ辿りついて行って、自由自在にこのようなものが出るようになった。佐藤康行、一体何なんだと。自分が。これは、1回自分を見つめなきゃだめだと。

何で、そんなもの、自由自在に出せるのかって。何で、たった1枚の紙で、人を救うことができるんだとか。で、それで、自分を見ているわけです。

 

Q.佐藤康行は、本当の無限の0.1%くらいしか出していないと。どうしたら、黄金の蔵のふちもない状態、本当の無限を出すにはどうしたらいいのですか?

 

A.簡単に言うと、無防備と言ったら、無防備だよね。守るために壁ってつくるじゃない。

その壁がないってことは、もしかしたら、私は、すごい無防備なのかもしれない。

で、無防備ってことは何を盗まれてもいいってことですから。何をとられてもいいと。どうにでもしてくださいって。

そういう心境になったときに、だから、そういう心境は普通じゃなれないわけです。

1回死んだら、1回、もう、無くなったんだから、元々ないんだから、何をとられてもいいって。

そういう無防備になっているわけ。元々、もうあの世いっちゃっているんだから。

だから、元々無いものを、別にとられようが、何しようがどってことないと。そういう面の無防備なのかもしれない。

 

Q.佐藤康行は、もっともっと無防備になりたいんですか?

 

A.もっと無防備になるかわからないけど、自分をもっと見つめていこうと思います。

今年は、あんまり、動き過ぎないようにして。私が動いたら、皆私に頼っちゃうから。

私が定位置に居たときに、周りが動き出しますから。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。