全部夢の世界で生きている 究極の目覚めは真我

  • 2020年10月14日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は10月16日(金)です。

 

Q.以前、学長に「役者さんは真我から遠いのですか?」と質問された方がいて、

学長は「遠いとか近いとか、真我にそんなものは無い」と答えられていました。

 

佐藤康行.そういうこと。よく覚えてるね。そこは大事なところだよ。

 

例えば、夢を見ているでしょう?

 

夢を見てだんだん現実に近くなってくる夢を見ていたとする。

 

現実から離れていく夢を見たとする。

 

でも、どっちでも現実じゃ無い、夢は夢だから。

 

遠いも近いも無いでしょう。

 

そういう感じだね。

 

夢に遠いも近いも無い。

 

だからもっと正しく言うなら、私たちはこうやって起きているけど夢の世界にいると思ったら良い。

 

全部夢の世界で生きてる。

 

だから究極の目覚めは真我の目覚めなの。

 

昨日、霊障にかかって悪霊に取り憑かれた人、お父さんとお母さん、それから妹。目の前のいたんだよ。

 

お父さん、ボロボロ泣いていたらしい。

 

私、お母さんの愛になって話したら。

 

全部これは絶対100パーセント通じるわけ。

 

だって、全然状況知らないのよ、その人も知らないし。

 

ただ、霊に取り憑かれてるって言ってる。

 

なのに、彼女と対話しているだけで、お母さんの愛だけになった時、お父さんは、何か関係ないと思っていたのが関係あるようになった。

 

関係ない人はいないという事です。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。