全部神、神の一言でいい? 天国の中の泥沼は寂光、すべて光?

  • 2015年07月02日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.以前は仏教書を読み漁ったと。そこに答えを求めた時期も。

 

A. 狂ったようにね。まあ、自分を救うためから始まって、そのときにポーンと抜けて、全部神だってことになっちゃったの。

すべて。神の一言でいいんだと。それを言いたいがために、遠回りで書いているんだと。

なんだ、一言じゃないかって。そうなったら、神からすべてを観ればいいんだってなったの。

神を求めるためのツールというよりも、全部解いていけばいい、そういう感じ。それは未だに変わらないよ。

 

Q.一回、仏教書をチョイスされたのは、なぜだったのでしょうか?

 

A. 普通の本、読めなくなってきたからでしょ。だから、真理の本じゃなきゃ、読めなくなってきた。

だいたい一ページ見たらわかるから。どの程度の内容が書いているか。

読めないわけ。あるでしょ、そういうこと。

 

Q.真理について見るのも、仏教書を選ばれたというのは?

 

A. 南無妙法蓮華経は泥沼の中の蓮の花。

私たちの心がどんなに汚れていても、実は、蓮の花、真我が本体なんですよって言っているわけ。

それは、真理と言えば、真理だけど。最近、私は逆のことを言っているけどね。天国だけど、泥沼。

真我のうえにカルマがあるんだから、天国の中に泥沼がある。泥沼も実は天国だってことに気づく。

病気によって、そういうことを気づくんだと。完璧ポスト、実は、そうでしょ。それも、天国なわけ。

 

Q.宇宙そのものの完璧と、認識で捉える完璧と?

 

A. 天国の中の泥沼は、まさに、寂光なわけ。寂光、すべて光なの。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。