前提について。 本当は、存在そのもの・神・無限しかない


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月20㈭です!

 

Q.真我が開いた瞬間は、満月という前提の、前提は外れているんでしょうか?

 

A. 本当は前提はいらないわけです。

前提をつけたのも、人間の認識でしょ。

 

本当は、存在そのものしかないわけ。

 

神しかないわけ。

 

無限しかないわけ。

 

前提そのものも、本来いらないけど、ただ、私たちが生きてく上において、当然、救われるために追究しているでしょ。

 

それをやるためには、前提をおくことによって、救われるわけです。

 

人間が救われる、救われないも、本来関係ないわけです。

 

全滅しようが、地球がなくなろうが、それではないわけ本来。

 

あくまでも、自分側から立った部分であって。

 

地球に長く住みたかったら、どうするかというものであって。

 

それは、本来人間の都合なんです。

 

人間がいなかったら、人間の都合そのものはないんです。

 

Q.初めてその質問をしたときは、驚かれていたのと、お答えに時間がかかっているような感じでした。

 

A. 人間が、空を見上げるでしょ。

 

空は永遠に無限であるという前提で見上げる。

 

でも、本来そんなものはいらないでしょ。

 

宇宙は無限であり、永遠であり。前提はいらないじゃないですか。

 

だから、私たちの問題はたいした問題じゃないんですよと。

 

私たちの問題にすり替えるための前提なわけ。

 

本来、宇宙は無限であり、永遠だから、私たちが救われる、救われないと利用するものではないということです。

 

Q.利用するときに、前提とつけていると思っていいですか?

 

A. それを活かすために。

夢の中で生きていたときに、夢から目が覚めたら、夢は消えるという。

 

目が覚めたら、現実が待っているよという前提。

 

そのことによって目が覚める。

 

夢が消えるわけです。

 

でも、夢は夢、現実は現実だから。

 

夢から覚めたときに、こういういい世界があるよという前提で、夢から早く覚めましょうと。

 

Q.存在そのものという感じが、私にはわからないので、前提止まりなんです。

でも、この前提があるおかげで、日常生活でも一歩立ち止まることが出来ます。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。