ありとあらゆることをやったときに、普段でない智恵が出る?

  • 2015年11月05日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.図が送られてくるというと、私は真我が応援してくれているのかなと感じたりするのですが、

その図が送られてくる「もと」は、役割が明確になっているからなのか、それをやっているからなのか。

 

A.例えば、自分の家が火事になっているとするでしょ。

 

自分の家だし、大事な家族もいるでしょ。

 

火が燃えているでしょ。

 

そのときに、あるものを使ってなんとか消そうとするでしょ。

 

それが発明の母です。

隣の家まで、トントンっていって助けを求めたり、布団を使ったり、

ホースや洗面器で水をかけたり、あらゆるものを使って火を消そうとするでしょ。

そういうことです。

 

そのままいておくと、家が燃えて、皆死んじゃうから。

 

あらゆることして。皆にドンドンってやって目を覚まさせて、起きなさい、起きなさいってやるでしょ。

あらゆることをやるわけ。

 

そのとき、普段考えなかった智恵とか出てくるわけ。

 

Q.佐藤康行は図でくるんですが、私も必要に迫られて思いついたっていうのは、発明の母なんですか?

 

A.そうですね。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。