宇宙の存在に目的はある?宇宙に目的がないから人間の目的が消える?

  • 2015年06月08日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝・昼・夕方、3回UPしています!

 

『存在そのものの世界を現代に活かす』

そのことの証明を、6月13日㈯光が丘にて、佐藤康行本人と実証者が現します。

会場にて、お待ちしております。

http://ys-nagashima.com/

 

Q.実相、存在そのものは、生命体や宇宙の営みに対して思うことはあるんでしょうか?

 

A. 目的は、人間の想念がつくり出したもの。

時間も空間も間ってつくのは、人間の思いの中の「間」からつくられる。

ここから、ここまでってね。自分の望遠鏡から見た範囲内とか。

肉眼から見たっていう範囲内とか。それが「間」の世界。

このビルの壁があるから、向こうのビルは見えないね。

今何時までって言ったら、それが「間」なんです。

実は、ビルの壁を壊しちゃえば「間」消えますし、

時間も死んだあとの時間も入れれば、永遠になりますし。

 

Q.存在には必ずしも目的が必要ないということで、

存在はあるからあるんだということでしたが、存在ができてから、

目的があったと考えることはできないですか?

目的があったととらえてもいいのか?と。

 

A. そうね。あくまでも人間から見たときに、人間がいなければ目的も何もないでしょ。

それぞれの私という自分から見てあるのか、ないのかっていうことでしょ。

自分がいなかったら、そういうことも考えないじゃないですか。

もし人間が目的をもったときに、振り子のように、向こうから戻そうという働きがあるわけ。

目的をもったときに、人間の目的を消そうとするのが神の目的と捉えることができる。

人間がいろいろ目的もってビルを建てたりしても、いつかは消えてなくなるわけ。そうでしょ。

人間の目的を片一方では消そうという働きがあるわけ。

病気になったのも、人間の何かの見えない目的があって病気になった。

例えば、会社が業績伸ばすという目的もある。

もう一つ、目的をもったために赤字になったりする。

何も動かなったら、赤字も黒字もないんだから。ですよね。

その目的を、それはいずれ自然と淘汰させるための働きだから。

人間のもった目的を消そうとする働き。

人間を交えなきゃそういったこともないわけ。

 

Q.人間がいなければ、目的もないということですね。

お話を聞きながら、でも宇宙そのものは意図もないのに、

なぜ元に戻そうとしてくれるのかなと。宇宙の営みならわかるんですが。

人間の目的を消そうとか。

 

A. それも目的がないんじゃないですか。

目的がないから目的が消えるんじゃないですか。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。