宇宙の無限・皆、神

  • 2015年05月01日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

Q.人間の生きる目的は宇宙の永遠・無限を悟ること、このことはどういうことでしょうか?

 

A. マクロの世界で、地球があるでしょ。地球に太陽系があってその周りを銀河系って言うでしょ。

銀河系に星が二千億あるって言われている。二千億ですよ。

その銀河系が何千億って宇宙にある。さらにその先いったら制限がないでしょ。

だから、その中にいろんな生物いたっておかしくない。

その一つの星の人間が、どうのこうのって中心で考えたって、どこまでいっても天動説なんです。

どこまでいっても自分から見た宇宙なんです。自分から見た宇宙しか言えないんです、どんな人でも。

じゃ、なぜ私が言っているかというと、常にそこの無限を前提においているわけです。

前提において、この30年間人を通じて確かめたわけです。

たぶん、この地球上にいる誰よりも言うことができる立場だと思っているんです。

IPS細胞を世界で一番知っている人に権限があるように。

しかし、さらにそこから突っ込まれると、お手上げの世界があると思うんです。

だぶん、真我に関しては、世界の誰よりも詳しいと思っています。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。