怒りで病気になったが、真我で改善した体験談

  • 2021年04月08日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月10日(土)です。

 

(Iさん体験談)

 

私はがんが治った、体験談をお話させていただきます。

私が真我開発講座に出会ったのは、14年前で佐藤先生の伝説のテープというのを、知人に頂き、

それを姉に渡し、姉が受講し、その後自分も受けることになりました。

 

その後、姉の旦那さんが受講し、皆さんご存知だと思いますが、その人が名古屋支部のHさんという方です。

 

3年前に、ある企業の佐藤先生の講演会で、たまたま隣に座っていた妻と出会いました。

その後結婚し、後に子どもを授かりましたが、実は私は、高校時代に腰の怪我をしていて

「無精子症」という病気を持っておりました。

 

講演会後、佐藤先生の下に行き、「無精子症でどうしたらいいですか?」と、ご相談をしました。

 

妻の方は、佐藤先生に「結婚するにはどうしたらよいですか?」と相談していたそうです。

そこで出会って、子どもができているというお話です。

 

子どもが出来たタイミングも奇跡的なものでした。

自分は無精子症なのに、妻が排卵日ではなかったにも関わらず、授かりました。

 

その後、8か月前のことになりますが、私はステージ4のがんを患いましたが、

腰に13㎝ほどのがんがあり、右太ももに4㎝ほど、付け根には3㎝ほどのがんもあり、骨髄まで転移していました。

 

診断から8か月間で、がんを消した形になりました。

 

がんになる1か月前、当時、両親とよく喧嘩をしていて怒りのエネルギーが凄かったので、

佐藤先生にその件を相談したことがありました。

 

「この怒りでは病気になるよ」と言われていて、2か月後にはがんが見つかり、直ぐに治療が必要な状態でした。

 

入院する前に、講座受講していたので、余命半年の宣告を受けていたにも関わらず、

入院の2日前に9月の大阪講座の橋渡しをして入金も済ませていました。それから入院をしました。

 

そこから、「佐藤先生の真我でいく」と決めたので、佐藤先生の音声を同時に6つ、24時間流しっぱなしで聞いていました。

 

抗がん剤5種類打って治る確率が30%しかなかったのですが、抗がん剤のアレルギーが酷く出た為、

1種類しか打てていませんでした。にも関わらず入院から4か月で、寛解までいきました。

 

父からも、自分ががんになったお陰で家族が一つになれたと言われて、

がんが治ってから、真我開発講座を初受講してくれたりしていました。

 

佐藤先生に感謝しています。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。