日本がアメリカのポチなのは地球を守る範囲?すべてが最高


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は8月14日㈰です!

 

Q.日本はアメリカのポチだという話がありますが、日本は大丈夫なのかと。

 

A.大丈夫です。そう生きるべき。

 

Q.そう生きるべき?

 

A.日本は、戦争でコテンパンにやられて、焼野原になって、無一文になって、そしてカルマが消えたわけです。

 

当分の間、アメリカのポチになってきている。

 

そのポチだって、こちらのほうを守ってあげられるポチになる可能性がある。

 

Q.アメリカを守れる可能性がある?

 

A.だから、同じなんです。

守る守らないって、地球を守るという範囲だから。

 

だから、どんな形であろうと、いいんです。

部下だろうが、上官だろうが。

そんなこと目的にしちゃだめなんです。

 

目的は全人類のため、地球のためなんです。

ずっと、先祖のため、祖先のためであって、アメリカのためじゃないんです。

それは、かなりミニチュアの考えなんです。

 

Q.日本人の税金で、アメリカの基地の方々はかなり優遇されて…。

 

A.全然いいと思います。

 

Q.そうなんですか…。

 

A.そんなミニチュアな考えじゃなくて。

 

Q.それはミニチュアな考えなんですね。

 

A.全地球、全部の先祖代々、これからの未来すべてをやったときに、

今、日本がその位置にいるのならば、それでいいんです。

 

Q.はっ。

 

A.その位置にいるんだからいいんですよ。

それがいい状態と言っているんじゃないです。

その位置がいい状態なんです。

 

それが、どんな位置であろうと。

 

そうしたときに、もっとも良き方向に向かって行く。

 

わかりやすくいうと、日本が戦争に負けて良かったんです。

あのとき、良かったと思った人はひとりもいなかったんです。

勝ったら良かったと思っているんです。

 

Q.ミニチュアな心を捨てて。

 

A.すべて最高なんです。

 

Q.そういうところからスタートすると、未来が変わってくる。

 

A.自分のお父さんとかお母さんとか、愛する人だとかがおいしいものを食べて。

自分がおいしいもの食べてなくても、自分と同じくらい愛する人が食べていたら、おいしいじゃないですか。

 

それくらい愛しましょうと。

世界中の人を。

 

Q.柳のように柔軟に。

 

A.柳よりも、水や空気ぐあいに柔軟になればいい。

 

Q.ぜんぜん、そういう目はなかったです。

 

A.そういう小さい範囲で捉えるのはせこいという。

もっと大きい範囲で捉えなきゃ。

 

Q.大きく捉えることは未来に現れてきますね。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。