極致の認識と実相そのものの違い?

  • 2015年08月03日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.前回までは、切っ先の先自体が、実相の実相というか、実相そのものの先というか、一点というお話で・・・。

 

A. 正しくいうなら、実相じゃなくて、その切っ先から捉えているから実は認識なわけ。

 

Q.そうですか。切っ先から捉えても…あっ、そうなんですか

 

A. だって、あくまでもこの眼でみて、この切っ先から捉えて、より広く全体が見えるっていうだけです。

それは認識じゃないですか。眼を通して見れば。それは実相ではないわけ。

 

Q.向こうから観て実相の方から観て、営みの方を見るという風にお話されたときに、

本当の実相そのもの、佐藤康行が言っている全知全能とか、存在そのものと極致の認識の違いは?

 

A. 例えば、方便が必要ですけどね。その切っ先から見て、ずーっと、周りを社会を見渡したときに、あそこから煙りでているよって、

そこに切っ先に行かないと見えない距離なわけ。あそこをちょっとね、今だったら、携帯電話で、近くの人に電話して、

その辺から煙りでているけど、ちょっと気をつけた方がいいよっていったら、そうですかってみたら、確かに燃えてた。

それは山から見ないと見えない世界なわけ。より全体から捉える、で、そっちの人にも指示できるし、後ろ向いて反対の人、向こうの人にも指示できる。

これは下の方にいた人ではできないわけ。

 

Q.そうですね。

 

A. 切っ先だと、円周に全体像が見えるわけ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。