横の世界と縦の世界?

  • 2016年02月27日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.学問的に言っているところから、真理で答えたらこうなった、というのがあると、

私のようなタイプはわかりやすいんですよね。

 

横の世界で気づいていくことと、縦の世界に焦点を当てることと。

 

A.例えば、ビルでいうと三階から見た景色と、十五階から見た景色とは違うじゃない。

 

でも、景色はそのまんまなんです。

 

私たちの目線の高さによって、違うものが見れるわけ。

大きさも違うようなものが見えるわけ。

判断も違ってくるわけ。

 

例えば、百階まであるビルがあるとしたら、百階までの窓はそれぞれ違うわけ。

 

一階の景色と百階の景色。間は全部違うでしょ。

 

全部、その景色はあると言えばあるし、そこから見た目線だから、ないと言えばないわけ。

 

Q.三階の高さから見たら、十五階の景色はないと言ってもいい?

 

A.あくまで、ないと言ってもいいわけ。

 

ないと言ってもいいわけ。

 

あると言ったら、一センチ単位であるわけ。

 

一ミリ単位でも全部あるはずです。

 

Q.少し、不思議なのは、佐藤康行が言っている世界は認識もないわけだから、

次元もないというのは、理解出来るんですが、

 

自分の意識が変わったら、三階から十階に行く場合があるじゃないですか。

 

そこは、やはり、アセンションなんですか?

 

A.アセンションなんですかって、その言っている人がアセンションが何か知っているか。

その人がただ言っているだけでしょ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。