生命体に共通しているものがある

  • 2019年11月20日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は11月23日(土)です。

 

Q.勉強しなくても、全部わかっちゃった、となった佐藤先生の状態に、他の人もなれる可能性があるということですか?

 

佐藤康行.生命体の共通しているのがあるでしょ。

 

渡り鳥も、軍団である方向に行くとかね。

 

鮭の大群が、川の上に登って行って産卵するとか。

 

そういう共通したことがあるじゃない。

 

一匹を見たときに、全体が見えてくるって場合があるじゃない。

 

まあ、そういう感じだろうね。

 

Q.それの全人類バージョンなんですかね?

 

佐藤康行.人間とは、という共通したものがある。

 

男、女を越して、人間とはっていうのがあるわけ。

 

その中で具体的に男とは、女とはってなってくるんじゃないですか。

 

Q.佐藤先生が、全部わかっちゃったのときは、人間とはより、もっと大きいところから…

 

佐藤康行.かもしれないね。

 

宇宙の真理からかもしれない。

 

今度、真我百巻全集を出すのも、全部自分を試した。

 

医療に通じるんだろうか、これはビジネスに通じるんだろうか、

 

これは教育に通じるんだろうか、政治に通じるんだろうか。

 

いろいろなものに全部通じるってことが、三十年間やってきて、その結論ですね。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。