生命存続に必要でない無駄なことを人間はやる可能性がある?

  • 2015年10月10日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

A.小鹿や、いろいろな小動物がいて。

それを食べる肉食動物がいて。

 

ケガをしてたり、足が遅かったりするものは食べられちゃうわけ。

 

実は、食べられるのを待っているわけ。

 

Q.食べられるのを待っているんですね(驚)

 

A.そう思ったらいいです。

宇宙の仕組みからいくと。

 

食べられなければ、肉食動物も、小動物も絶滅するわけ。

 

Q.女性も、男性から誘われるのを待っている?

 

A.正しくいうなら、そう思っていいです。

 

そうでなければ、子孫が残らないから。

 

例えば、無理やり誘われて嫌だったっていうのも、過去の記憶、常識の世界で見ているから。

 

Q.旅行先で、突然事件に巻き込まれ、殺されてしまうような場合は?

 

A.「他の動物とちょっと違うのは、人間は無駄なことをやる可能性がある。」

 

無駄というのは、弱肉強食とはまったく違う世界なの。

 

お金のためとか、強姦するためとか。

 

「生命存続ではない動きに、人間の脳が肥大化していったときに、余分なことまでやっちゃう。」

 

Q.無駄なことをしてしまっている。

 

A.心の病は典型だけど、他の動物は、まず心の病なんてない。

うつ病で引きこもっているとか。

 

Q.ないですね。

 

A.ないよね。人間の脳がそうさせているわけ。

 

Q.事件に巻き込まれしまうのも、選んでしまっている?

 

A.それも、フィルムで逆回ししたらわかるでしょ。

 

お互いが育った環境だとか、何でそこへ行ったのかとか。

 

何で殺されるような状況だったのかって。

 

たどっていくと、もうそうなっていたと。

 

結論から逆さまに見たら、わかるわけ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。
最近の投稿