神⑰

  • 2019年08月04日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は8月7日(水)です。

 

佐藤康行.佐藤康行の神の捉え方は、科学的。自分の都合ではない。

 

もともと、調和していることに、気づくだけ。

 

神と一体になっていることに気づく。そのものが一体。

 

足すものも、引くものもない。

 

真我には自分が入っている。

 

全体が神、部分が真我。

 

神の分光、いろんな生命が現れているだけ。

 

神成瞑想には、すべてが含まれている。

 

フィルムとスクリーン。そのすべてを書き換えることができる。

 

次元、そのものがないから、自由に上がれる。

 

神の意にそうために、神の意を理解する。

 

絶対からの二元論と、相対からの二元論は違う。

 

満月の事実、イコール一元論。

 

満月の事実が一元論。満月と三日月が二元論。

 

本当の月の姿は、ひとつだけ。

 

脳も神の顕れ。守るものがなくなったときに、真実だけが神える。

 

神の存在と我々の働きは違う。

 

生命そのものの一定の形でも、動きでもない。死んだら止まる。それでも神。

 

骨になっても神。燃えても、消えても神。

 

常に永遠のここ。ここが天国。

 

全部、宇宙、全部、空、全部、神、全部、天国、ここが地獄、ここが天国。

 

あなたの中に天国も地獄もある。

 

失うものは、何ひとつない。

 

どこに行っても宇宙。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。