神㉒

  • 2019年08月16日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は8月19日(月)です。

 

 

Q.神の擬態をするのは、神シーズなのでしょうか?

 

佐藤康行.神シーズでいいと思う。永遠に生きたいと。永遠と無限を求めている。

 

できれば、死なないで、永遠に生きたいと。そのひとつの形が、子孫。永遠に生きたいから。

 

子孫が途切れちゃったら、永遠に生きられないってことでしょ。

 

そしたら、魂という永遠で生きるという部分で、人間は、ちゃんと逃げ道がある。

 

逃げ道というより、それは、神から神たら、真実だと捉えている。

 

Q.たとえ話で恐縮なんですが、死にたいと言う人が、DNAを断ち切って、魂で生きたいと言ったら?

 

佐藤康行.私は、死にたいと言う人は、生きたいという声にしか聞こえない。

 

たまたまそういう言葉に変えているだけで。

 

私倒れたときに、もしかしたら、死ぬかもしれないと思った。

 

私は何ヶ月も入院して、もし私の側近が私が伝えたいことを、伝えられたら、ここは存続し、繁栄することができると思います。

 

なぜなら、私の考えじゃないから。

 

常に神だから。

 

私が入院中は、必要な体験をしていた。今、振り返るとね。

 

でも、なかなかそういう観点では見れないよね。でも、もし、みんながそういう観点で神れたら。

 

私の資源は、無限に出てくるようにできると思いますね。入院中もそう思っていた。

 

資源だから、私は。入院しているときも、資源を加工しているから。

 

病気で苦しんでいる人と、同じ環境を与えられている。それが、ひとつ、病院を作る元になっている。

 

私の、資源開発。人間は、生きるか、死ぬかのときに、どういう風に、思うのか。このように回復していく

 

お見舞いに来ている人は、こういう思いで来ている。その人がいなくなったら、どういう思いになるのか。

 

まったく普段、体験できないことを、そこで体験できるわけ。

 

もし、自分のエゴで受け止めたら、私は人のためにこれだけやってきたのに、なんでこうなるんだってなるでしょ。

 

こんな最悪な状況でも、人類のために、体験させてもらっているってなったら、最高のことになる。

 

その、最高のことを証明するために、病院をやっている

 

本当の神運だと証明するために。

 

自分ひとりのためなら、何でだってなるでしょ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。