神鏡をするから、前の現象面は変化する?

  • 2015年05月04日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

Q.しかし、佐藤康行が揺らがないと、私はおかしいんです、おかしいんです、

と言っていた方が、佐藤康行が完璧と返すと、あれ、おかしくないのかな?

となっていくようなイメージなんですが。

 

A. 何枚も鏡がつながっているのを想像してください。

あれが微妙に違う顔になっているのを想像してください。

その向こうに神鏡がある。

その神鏡だけに焦点を当てたときに、バーッと映る顏が変化してくるわけ。

そのように捉えたらいいんじゃないんですか。

向こうの神鏡だけ見た時に、前にある現象面は変化してくる。

その中のどれか一つを自分だと思ったら、固定化するんです。

それが、さっきのアセンションの話になるわけです。

どれか1枚の鏡を、自分だと認識したら、ここで止まるわけ。

向こうの神だけを見たら、前の現象面は常に変化するわけ。

 

Q.佐藤康行の神鏡と、私が神鏡と思って見たは違うと思います。

同じという大前提でもやはり、私はぶれるときありますし、、。

 

A. 医療やったら、すごいわかりやすいわけ。

80%~90%の人が治ってきているわけ。私がそこに入るのは、ほんのわずかです。

マイク所長とスタッフがやっているんです。

ということは、私以上に神に揺るがない人間はいないはずなんです。

しかし、スタッフがやってもそのような結果になっているというのが、事実なんです。

 

Q.それでは、治療プログラムを体系化出来ると?

 

A. そこに私が加わったら、さらに早いと思います。

極めて100%に近くなる。

私は100%になるんじゃないかと思っているんですけどね。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。