自分自身の本質を見つめる 1


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

そんな中、通っている整体院の先生より、「橘さん、自分の中をみてください」と言われました。

その先生によると、私の左の腰の痛いところと、身体が分離していると言われました。

心の中で、この忌々しい痛みを切り取りたいと思っていたので、身体から発するものなのか、心から発するものなのか。

先生にはそれが伝わっていたようです。私もとにかくワラにもすがる思いでしたが、自分の中を見る見方がわからなかったのです。

先生も具体的なことは示されなったので、まずは書籍で病気と心の関係が書かれたものを探しました。

読んでみると自分に当てはまる項目がありました。人の目を気にしているからとか、自分を認められてないからとか。

以前、原因に気づけば病気は消える、というお話を聞いたことがあったので、今まで気づかなかったことが本に書いてあり、気づけた!と思いました。

これで、この痛みを変わるだろうと思っていました。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。