話題を常に満月にすると、三日月が消える


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は12月20日㈬です。

 

Q2.以前の研究会で、余命三カ月しかないと言われて、佐藤康行しか助けられないと言われたら、どうしますか?

という質問を佐藤先生が投げかけたことがあったんです。

 

ここに来ますじゃダメですよと。

 

その質問を野澤さんが聞いたときに、佐藤先生がやりたいことは、おばQではないと思ったそうです。これは合っていますか?

 

A. 合っているでしょうね。天国に行きたい。ユートピアというか。

 

心の平安というか。大調和というか。愛の世界というか。

 

完全な、すべてのものと、和解した世界というか。

そこに行きたいんであって、そこは、私たちが思っている、ここではないわけ。

 

真我のこと、満月のことをいうわけ。

三日月をここって言ったら、三日月を認めることになるじゃない。

 

Q2.それとやりたいことがおばQじゃないというのと、同じですか?

 

A. だって、ガンを治したいか、ガンのない世界、神の世界に目覚めたいか。

 

ガンを治したいっていったら、逆にガンを意識してしまう場合もある。

おばQのそれを意識してしまう。

 

そこを意識していたら、そこから抜けられない。それは、ないんだから。

 

満月しかないんだから、ユートピアはそこしかないというときに、不調和は消えていく。

結論的に。同居できない。

 

Q2.それを相手にしてもらっていないと、何となく、見捨てられたような気持ちになることもあると思います。

 

A. そうね。だから、一応、ゴミ出しってやっているじゃないですか。

 

それは決して切り捨てるんじゃなくて、自分の中でそのように見えているんだから、

一回それを認めて。切り捨てているわけではない。

 

Q2.そうですか。苦しいとかもゴミで、いったん出して、ゴミだと認める?

 

A. そうね。

 

Q2.余命三か月の質問の答えで、佐藤先生は、聖者に悟りたいと訴える若者に、

海の水が頭まで達した時に、この姿勢で向かってきなさいと言ったというエピソードをお話してくださいますが、

野澤さんはまだそこまで必死になっているかわからないそうです。

 

A. 野澤さんは、おばQっていうか、心の苦しい部分を中心に置いているわけ。

それを中心においている。

 

三日月を中心においた部分。

 

満月を中心におかなければならない。

 

話題は常に満月からの話題でなきゃ。

 

Q2.話題が満月?

 

A. 野澤さんの話題が満月からは聞いたことがない。

ご本人の口から。

 

だから、抜けられないに決まっているわけ。

 

映画を見て、映画のゴミを見て、その世界の話題を出しているうちは、

映画の話題しか出していないんだから。

 

Q2.野澤さんに映画の話題を止めてもらうしか、ないのでしょうか?

 

A. 止めるんじゃなくて、満月だけを神る。

 

三日月を止めて、満月じゃないんです。

 

常に満月に焦点を当てた、話題しか出しちゃいけない。

 

そしたら、三日月が消える。

 

この現実の世界を見ていたときに、この映画の世界が幻だってわかる。

 

それは、心から消えてくるわけ。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。