野澤さんは魂の分野で優れている?(野澤さん⑬)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は2月10日㈮です!

 

Q.2 満月の法則は、佐藤先生の魂の臨死体験の「わかった」という瞬間に「わかった」ことですか?

 

A. 私は、ずっと同じことを言っているんです。

マジックミラーもそうだし、神から神たもそうだし、全部、同じなんです。

 

それを、三日月と満月に置き換えただけなんです。

一貫して同じなんです。

横の法則はない。

 

縦になったとき横が消える。

原因と結果は同時に消える。

鏡に映る姿が変わる。

 

Q.2 それがわかったのが、魂の臨死体験のときですか?

 

A. その生還したときだね。

 

Q.2 野澤さんが、死んだあとも苦しいのかを質問していたのを見て、

そこがかなり気になっているように感じました。

 

Q.ずーと気になってますね。なんて聞いていいかわからない。うまく表現できなかったというか。

 

A. 今は答えているでしょ。一番急所だけ受け取ってください。

 

Q.わからないのは、実在の部分だから…

 

A. 天に指さしても、我々がこの目で見える範囲だけじゃないですか。

その奥に、膨大な宇宙が広がっているはずなんです。でしょ。

たまに見えるのが認識なんです。

 

宇宙の存在が実在なんです。

ミクロも同じです。

 

見える部分ではこうだけど、素粒子までいくと、目では見えないんです。

目で見えるのは認識にすぎないんです。

 

Q.2 (野澤さんに変化が)佐藤先生、目で何かされているんですか?

私も野澤さんと同じで、何で生きているのかなと考えることが多いです。

でも理由はないんですよね。

 

A. だから、理由は自由自在です。お月様をどこから近づけて見ようと、月の実体ではない。

 

Q.2 (野澤さんをじっと見ている様子の佐藤先生)今、佐藤先生は満月を見ているんですか?

 

A. 満月を見ているんじゃないんです。満月だから。

 

Q.2 野澤さんは何が苦しいんでしょうかね。

 

A. 何も苦しんでいないんです。

 

Q.2 背負わなくてもいいものを背負っていることが、私と野澤さんが共通しているところと教えてもらったのですが、三日月はないものなんですが、自分が背負っていると思い込んでいるのでしょうか?

 

A. あの、野澤さんは優れているわけ。魂の分野で。あまりにも進んだ人なの。

進んでいるがゆえに、一般の人と比べたら違うと思っちゃうわけ。

 

でも、実は進んでいる。

私はそう、捉えています。言葉はいらないんです。

 

Q.2 進みすぎで、背負っているのですか?

 

A. 何も背負っていない。

 

何も背負っていないんだけど、そのことも問題を残しておいたほうが、本人のためにいいわけ。

そのことによってしか、気づけないことがあるから。

そのことでしか、出会えない人がいるから。

そのことでしか、味わえないことがあるから。

 

だから、思いっきり味わえばいい。(野澤さんをじっと見つめる佐藤先生)

 

Q.(野澤さん、咳が激しくなる)

 

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。