魂で捉えるほうが、はるかに合理的

  • 2019年11月02日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は11月5日(火)です。

 

Q.子どもが産めなかった場合、母性を周りの人に向けていくことは、その代替えになるのでしょうか?

 

佐藤康行.そうね。人間は、DNAだけじゃなくて、魂で捉えると、もう少し大きく捉えられるようになる。

 

DNAだけだったら、どうしても、自分の身内という部分になる。

 

身内ってDNAだけなのか。人間の存在を魂で捉えたら、全人類が兄弟姉妹で、そして愛する仲間たちと捉えることができる。

 

人間を魂、その奥を真我という。

 

真我で捉えるほうが、はるかに、はるかに、合理的だし、みんな救われる。

 

Q.以前男女の問題も、セックスのことも、神がつくった縦の法則ですとおっしゃられたことがあって。

 

神の顕れだから、横の法則なのかなと思ったのですが、いかがでしょう?男女とか。

 

佐藤康行.それが、顕れだから。

 

神と神の顕れは基本同じ。

 

顕れっていうのは、私たちが、この五感で感じた世界であって、それが、すべてだとは言わないわけ。

 

五感で感じた世界だから。

 

でも、顕れであることは間違いない。

 

その五感さえも、生命がなければないわけ。

 

生命だから、そういうことを感じられるわけです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。