魂の存在を、真我で捉えると生きている


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は5月11日㈮です。

 

A. DNA的に言うなら、遺伝子的言うなら、約六十兆の細胞でできていると言われている。細胞で言っても。

 

六十兆っていうのは、世界の人口の一万倍。

 

じゃ、その細胞は何で、できいるのか。いったい、何なのか、というふうになるわけ。

 

同じ病気でも、治る人もいるし、治らない人もいる。何が違いなのか、とかね。そういうことの研究です。

 

昨日の研究会でも、私の黄金の谷のプログラム聞いているだけで、翌月から売上十倍になったって話していた。すごい話。

 

社長も、もうこれ以上、注文とらないでって。とらないでって、お客さんのほうから問い合わせきて、電話なりっぱなしって。

 

いったい、なんなんだとか。そういうことが証明できるのかとか。

 

彼の病気も治っちゃったし、彼の父に対するトラウマも消えちゃった。

 

前だったら、その社長と大喧嘩して辞めているところを。そういうような、何かが変わった。

 

それは、何が変わったのか、ということだね。事実起きているわけ。

 

病院やって寛解率もすごいし。事実をもとにして。これを説明できようが、できまいが、真我の体験談っていう事実があるわけ。

 

これを、どう証明するのか。この事実をどうするのか、ということだね。

 

間違いなく、信じられないことが、バタバタ起こっているわけ。

 

もう、それは、数えきれないくらい、あるわけ。

そして、私じゃなくても、そういうことが起きているわけ。

 

Q.ニュートリノより先のお話で。広島の講演会で、すでに佐藤先生が光源になっていたと。

真我の文字の真ん中に光が写ったり。

これは、どう理解したらいいですか?

 

A. 広島は原爆を落とされた。皆、肉体が消えちゃった。

 

その後に生きている人たちもいる。

 

原爆は、人類が持っている、最も悲惨な武器なのね。それが落ちされた地。

 

人間を、肉体次元じゃなくて、魂次元で、捉えたら、まだそこに存在している。

 

その存在は、真我でしか、捉えられないわけ。真我で捉えるのが、究極なわけ。

 

そうなったときに、彼らは生きていると捉えるわけ。

 

肉体で見ると亡くなっているけど、魂で捉えると生きている。

 

私が真我って書いて、その真ん中に光がきているのは、彼らからのメッセージ。

 

そうだよって言っている。あなたたち間違っていないよって。

 

私が、満月の園に行ったら、バチバチバチってすごい音で。

 

皆、喜んでいるとしか思えない。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。