佐藤康行と野澤良治との対話⑨


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は12月30日㈮です!

 

Q2.借金返済のやり方は…

 

A.これからです。次なる第二ラウンド始まります。

正直言ってね、私は桁外れな自信があるんだ。安心していいからね。

まったく心配ないから。安心してください。

 

一番、その深いところも全部大丈夫。安心して大丈夫です。

 

Q2.その感じになるまで、野澤さんはタイには行かないほうがいい感じでしょうか。

 

A.今、大事な時だからね。今、そのタイミングじゃないだろうね。

だって、今、私もその気になって、大きな流れになろうとしてるんだから。

 

今、そこまでできると、そう私に言わしめているんだから。

 

Q2.そうですか。佐藤先生にしか、その感覚がわからないから。

 

A.これは、まったく別な感覚だからね。まったく別な感覚だ。

ただ自分でそうしなければ、私は命令しないからさ。

あくまでもここに今日来たのも自分の意思でしょ。

 

全部自分の意思でやらなきゃ。

 

今、私は、私について、これやったほうがいいよってまでしか言えない。

今そのときですよと。私の生まれ故郷の美唄に行ったのと、満月の法則の本の発売。

 

このへんから大きく流れが変わる。私の中で、ですよ。

そしたら、全部が変わっていく、と思っているんです。

 

Q2.存在価値のところなんですけど、黒星と白星の話でいくと、黒星があるおかげで、白星が出てくる。

そのために黒星は必要というお話と違いますか?

 

A.今、大いなる満月の白星に、今気づこうとしているわけです。

気づこうとしている。

 

それは何がきっかけかというと、自分の中にあるその黒星のおかげなんです。

そのことによって、今、ここにいるわけです。

 

問題ないって言ったら、今、ここにいない可能性がある。

 

Q2.そうですね。

 

A.それは、実は導き手なわけです。その部分が。

で、他に道はないわけです。佐藤康行の許に来るしかない、というね。他に道はないわけ。

それは、私にとっても大変ありがたいことです。

 

よし、わかったという気持ちにさせるわけ。一緒に、その問題やりましょうと。

そして、野澤くんの問題が解決できたときに、どうしようもない問題で悩んでいる、より多くの人を救える可能性があるんですよ。

 

その人たちも、よみがえらせることは可能なんですよと。

自分ひとりの問題じゃないんですよと。

実際にいるじゃないですか、世の中に。

 

だから、全部大丈夫ですよと。やりましょう。

オッケーですよ、受けてたちましょうっていうこと。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。