なぜ真理からいろいろ答えられるのか?人生の虚しさとの関係

  • 2020年01月25日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月28日(火)です。

 

Q.宇宙の真理、ソースから、なぜ具体的なことがわかるのか、ということを、私はいつも質問しているような気がして。

 

佐藤先生も、なぜ、あの、わかっちゃったの瞬間から、全部わかってしますのかは、わからないという感じですか?

面談の最中でも、なぜその言葉が、スッと出てくるかと思うことが多いです。

 

佐藤康行.わかると思うね。

 

あまり、そこまで追究したことがないのかもしれない。

 

なんで、それがわかるのか。

 

虚しさを知ったっていうのもあるかもね。

 

若いときから。人生の虚しさ。

 

虚しいから、そこに欲求をもつことがなくなる。

 

そういうことも、いろいろ組み合わさっているんじゃない。俺の人生体験で。

 

Q.佐藤先生の人生体験で、虚しいなと思ったのは、どういうときなんですか?

 

佐藤康行.忘れてしまったけど、虚しいから、死から生を神るとかああいう技が出来たかもしれない。

 

どうせ、死んでいくんだから。

 

だとしたらって。それを明るいほうに向けて、死から生を神ると。

 

暗いままにしておかない。明るいんだと。

 

どうせ、何か頑張ってやっても、死んでいくんだから。

 

何のために頑張っているのかっていうことで。