私たちの人生は、認識なんです❕

  • 2020年06月01日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は6月4日(木)です。

 

佐藤康行.いいですか、みなさん。彼女の場合は、お父さんとお母さんが仲が良くて、

新婚旅行みたいに、いろんなところ旅行しようなって言っていた矢先に、お父さんが亡くなった。

 

ただ、これを、肉体だとか霊体と捉えると、それはもう、絶望です。

 

でも、真我で捉えると、お父さんとお母さんを超ラブラブにできるんです。

 

認識だから。私たちの人生は認識なんです。

 

過去のトラウマだって、一点を見て、ずっとそう思い込んでいる。

トラウマは写真みたいなもので、パチって写真とって、ずっとその光景を持ち歩いている。

 

それがたまたま大ゲンカした写真で、それを元にして男女関係を比べたりする。

 

本当は仲がいいのに、ケンカしたところを見たから仲悪いと思い込んで、自分との夫との関係に影響したりする。

 

潜在意識は名前がないから区別できない。

 

真我で彼女のお父さんとお母さんは最高の夫婦だったんだってすることができる。

 

自分という存在はお父さんとお母さんがいないと、いないから。

だから、お父さんとお母さんを否定することは、自分を否定することになるから。

わかりますね。

 

それが、間違いなくお父さんとお母さんは愛しあってできたの。

その愛し合っている姿を自分の学びとする、感謝する。

夫を愛することが、妻を愛することがそれでひとつになる。

 

それは真我で、できるわけ。トラウマとか過去の因縁を全部消すことができるわけ。

その、まさに、いい例なわけ。

 

何かひっかかているものを、主人に八つ当たりしたりする。

 

あちこち言いふらすと、みんな、そんなヤツだと思っちゃう。

 

時間差があとからくる可能性があります。

時間差があとからくるっていうのは、せっかく夫と仲良くなったのに、復縁を大反対されるって、変でしょ。

本人の心なのに。

 

世の中はそんなことだらけなの。

 

インターネットの記事を信用したり、妄想の世界で生きているわけ。

まあ、そういうことです。