野澤さんが佐藤康行に伝えたいこと。究極の尊敬とは?(野澤さん㉔)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は3月27日㈪です!

 

Q.以前宇宙を受けて、いろんなことが神と捉えられるというか、すごい調子がいいときがあって。

そのときに原発をテーマにやってみたんです。

 

私にとって原発は、発電所じゃなくて、兵器ビジネス。

プルトニウムの生産で、あれがあるから核兵器もなくならない。

 

兵器ビジネスとしての原発というテーマでやってみたんですね。

そしたら、「この問題を神の愛で捉えられるのは、まだまだ先のことだ」って出てきたんです。

また、お正月に受けた宇宙でやってみたんです。

 

そのときに、「原発の問題を、原発から見ていたって解決するわけがないだろう。

もっと広い、高い視野で見つめなきゃ、そんなのわかるわけないだろ」ってかなり強い口調で出てきて。

 

地球の根本原因の神鏡の話が出たときに、それだ、それだみたいな感じで。

 

A. あのね、野澤さんは私に何かを伝えるために、教えるために現れたんだ。

 

私に、佐藤康行に。本当の仕事をやってくれって言っているわけ。

 

小さな問題を解決することじゃないだろって。

彼の身をもって私に言っているわけ。

 

まさに、地球単位、人類単位、人類創生からの全部の単位の仕事をしてほしいと。

それを知らせに来てくれている。そういうことです。

 

小さい問題を解決することじゃないでしょうと、佐藤康行の仕事は。

 

Q.2 たとえば、野澤さんの苦しみが人類創生からのカルマだとして、

その前にある個々のカルマ、三日月は、野澤さんまで神鏡が突き通れば、なくなる?

 

A. 消えちゃう。

たとえば、人間の中に小さなガン細胞をもっているとする。

そうすると未来が不安じゃないですか。

 

でも小さなガン細胞がなくなったら、病気が治った、消えちゃったっていうじゃないですか。

ガンが見つかる前に、それに気づかせてくれる痛みや嫌な予感だとか、体の中のみしらせがある。

 

野澤さんもこうやって訪ねてきてくれて、地球の問題、人類の問題もやってくれと、私に知らせに来てくれているわけ。

そういう、個々も問題を扱うのを、早く卒業してほしいと言っているわけ。

それやらないと解決しないと。

 

野澤さんが世話役で始めた勉強会も、個人の部分になっている。

それも全人類やったときに解決するわけ。

 

地球単位のドラマがあるわけ。野澤さんは、過去の地球単位のドラマを背負っている。

自分のドラマだけじゃなくて。地球規模のドラマを背負っているわけ。

 

だから、自分個人の部分では、解決しないわけ。

 

だから、野澤さん個人ではないわけ。私なんです。佐藤康行なんです。

 

Q.号泣(私なんです、と佐藤先生が言った後から)

 

A. 気づいてくれって言っているわけ、彼は。私に。

 

Q.2 それは、佐藤先生はうれしいんですか?

 

A. ありがたいよ。究極の尊敬です。

だから、私の代わりはいないんです。