なぜ、あなたに燃えられるのか。それは、もともとひとつだったから

  • 2019年01月21日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は1月24日(木)です。

 

橘.以前、佐藤先生が結婚式のスピーチで話されたことに、

なぜあなたに燃えられるのか、それはもともと、ひとつだったから、というお話があります。

 

もともと、ひとつ、というところを教えてください。

 

佐藤康行.もともと、ひとつというのは、肉体的にもともと、ひとつじゃないでしょ。

 

魂で捉えている。

 

魂で男と女っていうのは、魂で捉えると、もともと、ひとつのものが分かれていって、

 

分離して、これはDNAも越したところ。

 

魂が分かれていったときに、分かれたのがひとつになったときに、

 

強烈な引き合いになるのは、そういうこともある。

 

強烈な、異常なほどの引き合い。もともとひとつの。

 

そこが、パンッって出会ったときに、光になる。

 

そういう意味で、魂の部分で、もともとひとつだっていうのは、分かれてまた出会ったというふうに思ってください。

 

橘.もともとひとつのところが、世間的にいうソウルメイトなのか、宇宙の発生のところなのか。

 

佐藤康行.男の出っ張っている部分が女性が凹んでいて、女性が出っ張っている部分が、男性が引っ込んでいる。

 

これ、別々にしたら、まったく違う部分だけど、出会ったときに、これがひとつになるわけ。

 

自分の足りない部分を相手が補ってくれるし、相手の足りない部分を、自分が補っていく。

 

そういうことで、それは意識的にできる部分と、無意識的な部分でやっているのがある。

 

体的にいうなら、もう神様が与えていますよね。

 

同じ体じゃないです、男と女は。

 

もう、最初から、そういう違いを与えてくれているわけ。

 

宿題と言えば、宿題。

 

もともとひとつなのが、分かれていったときに、またパカッとくっつくとひとつになる。

 

橘.真我を海、波を魂と分けたときに、もともとひとつは波のほうですか?

 

佐藤康行.そうですね。

 

海に水がポトンッと落ちるでしょ。

 

海の中に溶け込むじゃないですか。

 

それも出会いなわけです。

 

海にある水も、空にある水との出会いなわけ。

 

それがまたひとつの命になって、また溶け込み合いながら、またいつか雲になって、落ちてくるということです。