野澤さんは、どうしても左脳が邪魔をしちゃう?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は5月29日㈪です!

 

Q.一番深くふれるのは、佐藤先生を接しているときだと思うんですね。

そういうときに湧き上がることに、注目するとか。

 

野澤さんが興味があるのが、佐藤先生と接したときの出し方が、

叫び声をあげない方法で出せるようになることなんです。

 

A. 私の言葉で変わるのが、一番の根本治癒なの。

 

野澤さんは、どうしても左脳が邪魔をしちゃうわけ。

それで、深いところに届かないわけ。

 

だから、握手をしたり、左脳が働かないところでやると、今のところ、こういう風になるわけ。

左脳が働いた瞬間に、そこに止まっちゃうわけ。

 

だから、私は、昨日も野澤さんの理屈を聞いたけど、理屈を言っている間は、ほとんど変化ない。

理屈じゃないわけ。そういう世界じゃない。

 

Q.なるほど。わからないのが、わかるのが、根本解決になりますか?

 

A. わかるって、何がわかるか。

三日月をわかるんじゃなくて、満月だということがわかることです。

 

満月だという前提にすること。

 

Q.満月だという前提にすること。

 

A. そう。満月は真ん丸だという前提にすること。

 

神のすべてが愛だということがわかること。

満月の法則でやるのが一番いいわけ。

 

そういうポジションに身を置くんです。

 

自分と出会うすべての人に満月として、片っ端から扱っていったら、すごい勢いで変化していく。

 

理屈でわかっても、三日月はこんな形っていうのがわかるだけで、満月は左脳じゃ理解できない

 

でも、間違いなく、真ん丸なんです。

 

人間の理解度とは、一切、関係ないんです。