程度が重いも軽いもない。なぜなら、みんな満月で神だから

  • 2018年09月20日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は9月23日(日)です。

 

橘.前回のスカイプ講演会で、野澤さんが遠隔でも咳き込んだそうですね。

 

佐藤康行.スカイプ握手したときに、同じになりました。

 

橘.野澤さんと対面するとき、何か意識していることはありますか?

 

佐藤康行.何にもない。

 

橘.咳が出るタイミングがわかるということもない?

 

佐藤康行.ない。

 

橘.野澤さんはずっと咳を我慢していたそうです。

 

佐藤康行.私を見ただけでなったかもしれないし、私と会うと決めた段階で、始まっている可能性もある。

 

橘.始まっているというのは、ここぞとばかりに、内側から、真我に目覚めたくて、湧き上がっている?

 

佐藤康行.あるでしょうね。

 

みんなそういうもの、あるんじゃないですか。

 

大好きで、大好きで、初恋の人に会おうとしたら、違ってくるでしょう。

 

橘.野澤さんの内側からくるものは、いつまで続くのでしょう。

もちろん予想は立てられないと思いますが。

 

軽くなって来たなとかは、対面してわかるのでしょうか。

 

佐藤康行.そうね。みんな、満月だから、軽いも重いもないです。

 

みんな神だから。