佐藤康行の記憶は、時間的な距離感ではない?

  • 2018年11月16日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は11月19日(月)です。

 

橘.佐藤先生とずっと以前から、弟子だったような感覚のある受講生の方もいらして。

 

佐藤康行.物体的に捉えれば、それもありうるでしょうね。

 

魂を人間化したときには、そういう縁があると。

 

そう、言えるかもしれない。

 

橘.魂を人間化したら、そうだけど、佐藤先生はエネルギーのままで?

 

佐藤康行.私は、あるキーワードで、こういう話をしていったときに、残るキーワードがあるわけ。

 

その残るキーワードで、そこから解いていけば、アップするというか。

 

橘.佐藤先生の中で残るキーワードと言えば?

 

佐藤康行.私は、昨日のことや、さっきのことを、すぐ忘れるでしょ。

 

ものすごく記憶力が悪い。

 

しかし、十年前、二十年前のことを、覚えていることがいっぱいあるんですよ。

 

だから、ちょっと違うみたいね。

 

物理的な、時間的な距離感じゃない。

 

何十年前のことが、ぱっと浮かんで、明確に覚えていたりするわけ。

 

それ以外のことは、さっきのことでも忘れて、何だっけっていう感じ。