一ミリの後悔もない 生身の人間

  • 2021年06月17日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は6月19日(土)です。

 

 

Q.ステーキ屋を手放すとき、ハンコ押すのに躊躇したという件や、当時思い描いていたのから今まで変わっていったのか。

 

佐藤康行

思い通りの人生ってよく言うでしょ。

 

思いもよらない人生とも。

 

どちらかというと後者なの。

 

思いもよらない素晴らしい人生だと思っています。

 

今。大正解だと。

 

ハンコを押して。大・大・大正解。

 

1ミリも「しまった」と思ったことはない。

 

まあ一応、形だけでは前の会社の社史には残っているんだけど、でも全くタッチはしていない。

 

だから、もう大正解だと。

 

それから、ふつう躊躇するんじゃないですか。

 

何十年もそれやって。

 

私も普通の生身の人間ですから。

 

でも、心の中では100%やろうと。

 

手放そうと思っていた。

 

だって、社員もいっぱいいるんですよ。

 

その社員たちを裏切ったことになる可能性もあるわけ。

 

みんな私についてきたから。

 

例えばフランチャイズだったら、家を担保に店をやっている人もいるわけ。

 

まあ色々いるわけです。

 

だから当然、躊躇しますね。

 

普通は躊躇する。

 

だから、普通の人間だったという部分でいいんじゃないですか。

 

はい、ありがとうございました。