ソウルメイトの見つけ方

  • 2019年05月18日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は5月21日(火)です。

 

橘.ツイン、ソウルメイトの見つけ方なんですが、自分を受け入れることが先で、自分を好きになっていけば、ソウルメイトと巡り会えると。

 

佐藤康行.お父さんをどう思いますか?

 

橘.お父さんは、怖い存在と思っていますね。

私は、三姉妹の末っ子で。未来内観で振り返ったときに、お父さんは、男の子が欲しかったので。

 

私が髪を短くしたほうが、喜んだり、男の子っぽくすると喜んでいるようだったんで、

男じゃないということを、卑下していたんだなと。

 

甘えさせることが、子どもに悪いと思っていたので、お父さんに甘えた記憶がないんです。

あるセッションの中でも聞いているんですが、年上の人とばかり付き合っていて。

 

佐藤康行.お父さんに対する憧れだね。

 

橘.そのセッションの中で、初めてお父さんのことを指摘されて。

年上の人とばっかり付き合って、おかしいと思うんですが、同い年や少し年の離れた人のことは、あまり好きになれないと相談して。

そこをもっと気づくことがあるんだろうね、と。

 

そこは教えてくれなかったですね。

どうしたら、お父さんを受け入れられるかがないんです。

 

佐藤康行.夫婦、これは男と女でもいいです。親子。

 

夫婦それぞれに親がいるよね。両親が。

 

夫婦にも子どもができるよね。

 

妻は、お父さん像とお母さん像が、自分の中にいるわけです。

 

夫もいるわけです。それをどう思っているのか。

 

お父さんに愛がまったく感じられなかった。

 

そうすると、夫に自分のお父さん像が映るわけです。

 

夫の愛がわからないわけです。わかります?

 

橘.そうだと思います。

 

続く