すべてをわかっている自分がいる

  • 2020年06月24日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は6月26日(金)です。

 

Q.真我の実践、真我の実践って唱えることは、あの世に届かせようとかじゃなくて。

 

佐藤康行.真我の実践を唱えると、全部に届いている。全方位に、あの世とか現世にも、すべてに届いている。

 

Q.いのち脳をひと言でいうと、どういう表現になりますでしょうか?

 

佐藤康行.女性が一番感じているんじゃないですか。

 

赤ちゃんが宿ることもそうだし、産み育てることもそうだし、全部、いのち脳。

 

男が仕事をするのもいのち脳からきているわけです。

 

ただ、それが男のほうが感じづらくなっていると思います。

 

私が話していて、何か反論の気持ちが出てきてその話を聞いたら、そこに電波が届いているんだなと。

 

仕事の配置を変えたりね。

 

Q.それも、いのち脳からきているんですよね。

 

佐藤康行.いのち脳って言うと、わかりづらいから。

 

その人の個性とか。個性も元をたどれば、いのちだから。

 

女性という個性。父、母とかね。

 

Q.いのち脳とビジネス脳とわけて表現されていますが、いのち脳に気づかれたきっかけはありますか?

 

佐藤康行.きっかけは、ずっと毎日。ずっと。

 

Q.それは、生まれて、認識ができるようになってから、ということですか?

 

佐藤康行.そうね、一番気づいたのは、魂の臨死体験をしたときに、自分の真ん中が出てきた。

 

すべてをわかっている自分がいるということで。

 

Q.それが、いのち脳に、強烈に気づくきっかけだったのでしょうか?真ん中が。

 

佐藤康行.だろうね。最後の一押しっていうか。

 

それまで積み重ねが自分の中であったんだろうね。

 

ここで決め手になってボンッと。

 

すべてのことが、わかっちゃったって。そういう瞬間だろうね。

 

Q.それが、いのち脳に気づくきっかけだったんですか?

 

佐藤康行.だろうね。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。