佐藤康行と野澤良治との対話⑩


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月2日㈪です!

 

Q.以前、幻覚が見えて、ものすごく怖くて、死んだ方がまし、楽になると思ったときに、

死ぬともっと恐ろしくなるという意識が必ずわいてきたんです。

 

全然わからなくて、この前佐藤先生に言ったら、そうですと。

 

A.そうですよ、間違いないです。

 

いいですか、借金があるんですよ。

 

死ぬイコール逃げたってことですから。

逃げてもうそこと向き合わないってことですから。

 

そしたら、そのまんまに放置して逃げたってことだから。

今、せっかく、返済の仕方がわかる私が目の前にいるのに、そっちのほうにほったらかして、逃げたってことになるから。

それは一番恐ろしいですよと。

そのほうが怖いですよと。

 

逃げちゃいけない。

逃げる人は世の中にいっぱい居ますよ。

それは、こういう出会いがないからです。

 

返済の仕方が誰もわからないから絶望するわけです。

 

全然そんなのどってことないよって言っているわけ。

そんな借金、すぐチャラにできますよというふうに話をしているわけ。

まったく違うわけです。

 

そんなこと、まったく心配しなくていいと。

全部、これから返していく人生にしようということです。

 

Q.幻覚が見えて、死ぬともっと恐ろしいことになると思ったのは八年前だから、

まったくわからないときに、何でそんな思いが出てきたのかなと。

 

A.もう、そういう思いが、私に合わせているんですよ。私と同じ捉え方だから。

もう野澤さん自身が、そういうものを持っている。

そういう才能。

 

そういう風に捉えられる才能があるわけです。

だから、私のところにも、こうやってくるわけ。

それ才能ですよ。

 

たとえば、山の中に金がある鉱脈があったら、それをかぎ分けられるのは才能じゃないですか。

 

それは目には見えないけど、才能なんです。

 

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。