佐藤康行は底がない?底が抜けている?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月8日㈬です!

 

Q. 佐藤先生に問答について質問したことがありまして、質問者の求めている深さに対して答えなきゃいけないから、面白いと。

野澤さんの深さに応えるということは、地球の根本原因が消えるだろうという前提、になりますか?

 

A. それで、いいんじゃないですか。

 

Q.佐藤先生が、自分の底を見たいと。底はないから見れないだろうけれども、野澤さんの深さに応えることと、関係ありますか?

 

A. たぶんね。

 

Q.もし、そうであれば、ずっとやりたかったことが、地球の根本原因の神鏡なので、方向は間違っていなかったのかなと。

 

A. そうね。ずーと地球を奥深く掘っていくとしたら、そのぶん深くなると広くなる。

 

それと同じく、深い、深い問題を解決すれば、浅いのは自動的に解決するわけです。

 

だから、深い人の問題を解決するのは、イコール多くの人の問題を解決するのと同じ。

つながってくる。

 

Q.すごい、ありがたいです。

私の上司との問題なども、野澤さんの問題が解決したら、頭に浮かばなくなるのでしょうか?

 

A. 深いところにある心の傷口は、痛くない。

表面にある傷口は触ったら痛い。

 

でも、深い傷は、表面を触っても痛くないじゃないですか。

それは、深いところにあるからです。

 

人間の心も同じだと思ったらいい。

自分でもわからない深いことがあるわけです。

 

だけど、ちょっと表面で言われたことに対して、傷つくっていうのは、案外、浅いところにある傷口だから、何か、言った、言わないとか。

 

Q. 野澤さんは、苦しみなどを言葉で現わしづらいと表現されますが、関係ありますか?

 

A. 人間の頭では、なかなか届かない、読めない世界なわけ。

もう、声がおかしくなったでしょ。

 

Q.野澤さんも、もうすでに、涙ぐまれてますね。

それは、佐藤先生の底と、野澤さんの底が反応されているのでしょうか?

 

A. 反応というより、私には底がないんですよ。底が抜けているの。

 

Q.宇宙ですか?

 

A. そう。底が抜けているから、ここが底って言ったら、もうそこは底じゃない。

 

Q.自分の底を見てみたいと言っていた佐藤先生と、今の佐藤先生は違うのですか?

 

A. 人を通しての、ここまでっていう底を感じたいということ。

でも、そこからさらに、底があるということ。

 

宇宙に底があったって、またそこから星があるように。

でも、このロケットではここまでたどり着いたという底はあるわけ。

 

でも、そこから先も永遠の底があるわけ。

 

Q.野澤さんの底は、まだついていない感じですか?

 

A. この底を解決するとしたら、もっと深くなきゃいけないでしょ。

浅いもので、深いものは解決出来ないでしょ。

 

その先があるから、一番深いところが解決出来るわけ。そういうこと。

 

Q.それを、底を見ると表現されたんですね。

 

A. そういうこと。私の底は抜けているから。底抜けです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。