何もやらないことも実行?佐藤康行の思いっきり出すの意味


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は7月20日㈬です!

 

Q.魂の臨死体験のときに、普遍なるものにふれたという感じなのか、それとも、そのものになったという感じなのか?

 

A.その表現であれば、なっただろうね。その二つでいうと。

 

Q.それは氷が解けて、海になった感じ?

 

A.そういう感じ。

 

Q.以前、佐藤康行の欲求不満の話のときに、その当時は自分を思いっきり出せていないのが欲求不満だと。

 

最近は、自分の動きを十分の一にして、百倍の成果を出すとか。

もともとおっしゃってはいましたが、全部手放しているとか。

 

バイブルとつくっていたときに、この本は誰一人読まなくてもいいという位、思いっきりやるという感じから変わってきたのかなと。

 

A.十分の一、百倍っていうのは、ほんの一部にしかすぎない。

私はいずれ何もしなくても世界が変わる時期がくると。

 

例えば、意識を向けたときに、地球から出て、反対から地球を捉えていったときに、地球全体が自分の中に入る。

わかりますね。

 

意識で変えるとしたら、地球全体を変えるのと、小さいものと変えるのと変わらない。

そういう感じです。

 

そこで何かをやるとかいう世界じゃない。

 

それが、例えば、世界の大統領だとか、総理大臣が、日本を見て、日本の全体を捉えていって、

それが脳の中に入って、自分の中でどうしたらいいいかっていうのがわかったら、あとは実行あるのみだから。

そういう感じ。

 

Q.佐藤康行の実行の話を聞くと、大統領が見て、わかって実行するのはわかるんですが、

佐藤康行は何もしないように聞こえるんですが。

 

A.それも実行なんです。

 

Q.やらないことも?

 

A.わかることも実行のうちのひとつなの。

わかろうとすることも。

 

相手の気持ちをわかろうとするのも実行のうちのひとつなの。

 

Q.わかることも実行のうちということと、真我の動き、丸裸、手放すということと。

 

A.例えば、誰かがガンになったとするでしょ。

何かを考えたり、何かを実行することによって、ガンに悪影響を与えて。

 

ガンにとって悪影響なのか、ガンにとっては良き影響なのか、どんどん増殖していく。

でしょ。

 

それをやればやるほど、スピードアップしていく。

 

それは悪い性格なら、頑張れば頑張るほど、皆に迷惑をかけちゃう。

 

それを、何もしないっていったら、もう一方ではガンを治す力が、それを自然治癒力っていうでしょ。

 

Q.そうですね。

 

A.でしょ。それは改善のほうに向かっていく。

例えば、地球環境も同じなんです。

 

人間を何かを発展させてやればやるほど汚染させて、地球全体を汚していくことになるでしょ。

海も汚れ、空気も汚れ、そしていろんな生物が住めなくなってくる。

それは頑張った結果じゃないですか。

 

もし、それを静かにしていれば、全部空も澄み切ってきて、空気もきれいになっていく。

浄化作用ってあるじゃないですか。

浄化作用も、自然のエネルギー。

 

Q.そうですね。

 

A.そういうこと。それが何もしないという意味です。

 

Q.それが、何もしないという意味ですね。

 

A.そういうことです。

 

Q.何もしないというのと、佐藤康行の欲求不満は…。

欲求不満は解消されたのでしょうか?

自分の力を思いっきり出せていないという。

 

A.本当に力を出すには、重い荷物のほうが、自分の力を出すエネルギー。

 

それがこれからやろうとしている、終末医療。

ターミナルケア。

 

それを今やろうとしている。

 

ガンで医師から余命三か月と言われた人に、その三か月を地獄のような苦しみで死んでいくのと、

自分や周りの人たち、先祖、皆に感謝して、愛する気持ちになり、それで喜びいっぱいで死んでいくのと、違うでしょ。

 

これを解決できたとしたら、あらゆる問題が簡単に解決していくと思います。

 

それはもうやろうとしているし、すでに始まっています。

 

Q.重いバーベルのテーマがきたら、佐藤康行の思いっきり出すは続いているんですか?

 

A.私の思いっきり出すは、真我をもとにした思いっきり出す。

その思いっきり出すは、何かを頑張るという意味ではないんです。

 

そこにきちんと的をはめて、意識を向けるということです。

それが、思いっきりやるという意味です。

 

私は、終末医療は人類永遠のテーマだと思っています。

 

その永遠のテーマで、もっとも難しい、医師でも何もできないことをやっていこうと思っているんです。

ターミナルケア。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。