愛に目覚めるとカルマ解消になる カルマは物事を部分で捉えること


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は10月13日㈭です!

 

Q.真我は人が生きていくうえで、もっとも良いことであり、もっとも素晴らしいこと。

人生を大好転させるもの。

どんなに悩んでも、その後ろに真我がある。

人間は業カルマを抱えて生きていますが、真我に目覚めてスタートするようになっているのはなぜでしょうか?

カルマを解消するためでしょうか?

 

A.そう思っていいんじゃないですか。

 

Q.そうなんですね。

 

A.何でお金が欲しいか、出世したいか。

お金が欲しいというよりも、お金を得ることによって自由になるじゃないですか。

一番手に入れたいのは愛でしょ。

愛が欲しいためにお金が欲しい。

 

愛に目覚めるとカルマの解消になる。

欲しいものに目覚めたときに、カルマは物事を部分で捉えること。

全体で捉えたら部分は消えるわけ。

 

愛に目覚めることが悟りだとしたら、悟ったら迷いは消えるわけ。

だから、カルマ解消になる。

それがカルマ解消なんです。

 

お金という間接じゃなくても、直接。

今この場で幸せになれる。

 

Q.業カルマが狭い範囲の考えということで、講座で極致の認識になって、わーすごいとなっても、

また元の自分の思考のパターンになって、また極致の認識に気づいてと繰り返しになっているのですが、

その自分の狭い思考パターンが消されたくないもう一人の自分なんでしょうか?

 

A.そういうことです。

 

Q.その消したいものが、なぜ再合成されるんでしょうか?クセですか?

 

A.クセというよりも、私たちは自分の認めたものでしか、価値を感じないわけです。

見えなかったら、価値を感じないわけです。

 

いくら料理を食べても、味覚がなければ味を感じない。それと同じです。

 

Q.認めたつもりが、また認めていないから、また戻っちゃうんでしょうか?自分のフレームが。

またこのパターンがきたかと、似たパターンが現れてくることも。
A.習慣、クセだね。

 

Q.業カルマ強固ですね。

なぜカルマはこんなに強固なんでしょうか?

カルマは消されたくないんでしょうか?

 

A.ある程度の年齢まで生きるという役割があるじゃないですか。

死んだときには、ほっておいても自分がなくなるじゃないですか。

 

できたら生きている間はそれにしがみついて、生きていたいという本能がある。

 

Q.カルマにですか?でも解消したいという本能もあるんですよね。

 

A.両方ある。

病気になるような性格と、病気を治したいという働きがあるじゃないですか。

常に両方の力が働いている。

 

Q.普通に考えると、解消したいほうが強いのかなと思うのですが、でも消えたくない自分も。

 

A.自分の性格性質だから。

ガンになるような性格性質をもっていたら、ガンにならないかぎり、その性格は変わらないでしょ。

ガンになって初めて気が付くことがあるじゃないですか。

 

ガンは敵じゃなかった、神に目覚める最大の味方だったって。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。