神㉕

  • 2019年08月25日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は8月28日(水)です。

 

 

佐藤康行.私が倒れて、何ヶ月も入院したとき、私の側近が、私よりも、この真我を伝えられたら、

 

真我を伝えるここがもっと繁栄させることは可能だと。私が死んでも。

 

なぜならば、佐藤康行の発想じゃなくて、私は常に神のことを言っているから。

 

そのことを体験させられたのは入院中。今、振り返るとね。

 

でもね、一般の人は、そういう観点じゃないから。

 

私のあふれ出る資源は、無限に出てくるようにできると思いますね。

 

入院中もそう思っていた。資源だからさ、俺は。

 

資源だから、倒れて入院しているときも、それもう、加工している状態だから、

 

特に、そういう病気とか、苦しんでいる人と、同じ環境を与えられている。

 

だから、その資源になるわけ。

 

それが、一つ、病院を作る元になっている。私の資源開発。

 

人間は、生きるか、死ぬかになったときに、こういうふうに思うんだ、それで、このように回復していくんだ。

 

お見舞いに来ている人は、こういう思いで来ているんだ。

 

それで、その人がいなくなったら、どういう思いになるんだ。

 

まったく普段体験できないことを、そこで体験できる。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。
最近の投稿