被害者意識があるからガンッとくる?(上司と父親の関係⑥)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月20日㈮です!

 

Q.真我開発講座をまだ受けておらずで、真我の覚醒のCDを聞いただけで、心が穏やかになって、現象面が変わってきたと。

この原理は?

 

A.変わったんじゃなくて、真実が浮いてきた。

満月を捉えたときに、三日月は消える。

 

だから、私たちの視点が、そのように変わってきたときに、勝手に三日月は消えるわけ。

だから、私が今橘さんに言ったことで、視点が変わっていくのは予想されるでしょ。

 

Q.そうですね。

 

A.そうすると、彼との三日月は消えてくるわけ。

彼との三日月が消えたら、お父さんとの過去の三日月も消えるわけ。

 

自分も被害者意識、持っていたわけ。

 

Q.そうですね。

 

A.お父さんの、その三日月が消えたら、被害者も消えるわけ。

常に、被害者意識を持っている。

 

Q.ありますね。

 

A.あるでしょ。だから、その被害者意識を持っているから、ちょっとやれば、ガンッとくる。

 

Q.そうなんですね。

 

A.そう。私は、被害者って思っているんです。それが、腰にきているんです。

 

どこかにこなきゃ、困るわけです。

被害者じゃなくなっちゃうから。

 

Q.はっ。そうなんですね。

何か、嫌ですね。そうなんですね。

 

A.相手に何かされて、賠償金とろうとした時に、その傷口、早く治っちゃこまるでしょ。

ずっと残していたほうが、相手に反撃しやすいじゃない。

 

Q.一回も、この腰のことや、ほか喘息でも父に振り向いてもらったことがないんですよ。

ないのに、やるというのが不思議だなと。

 

父親は、そういうことは相手にしない人なんですね。

それを、自分が武器にしてやっているというのが。

 

A.そう。長年かけて、チクリ、チクリ反撃している。

 

Q.全然、見てないんですよ。

 

A.見てないのに。

 

Q.自分を苦しめていることが、父を苦しめていることになっているんですかね。

 

A.そういうこと!

 

Q.ん~。何でですかね。

 

A.みんな、そうなのよ。橘さんだけじゃなくて。

みんな、そうなんだけど、こういうことが、わかるようになったの。

 

また、私に言わせれるようになってきたの。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。