カテゴリー: 真我

踏み込んでいくことによって、人生は面白くなる

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月31日です。

 

Q.どうしたら、真我の境地になれるのか。深い絆で結ばれたパートナーを、見つけるのが夢ですが、

恋愛、愛においては妥協しなくてよいでしょうか。

 

佐藤康行.どうしたら、真我に目覚められるか、なれるでしょうかというのは、是非、私のもとにいらして、くださいの一言です。

 

ここに、是非、真我開発講座に、来てください。

 

それが、一番手っ取り早い。

 

へたしたら、みんな過去の偉人、聖人、みんな真我を、求めて、求めて、世界四大聖人の孔子も、

朝に道聞かば夕べに死すとも可なり。

 

これは、どういう意味かというと、迷って長く生きるくらいなら、悟って早く死んだ方がまだましだって、

言っているんだ。

 

それくらい、本当の自分に目覚める大切さを、言っています。

 

仏教で、何妙法蓮華経、南無阿弥陀仏あれは、全部真我に目覚めたい、真我に目覚めたいと叫んでいるんですよ。

 

でも、本当に真我に目覚めることができるのは、ここにきてくれれば、真我に目覚めることができます。

 

そういうことで、世界四大聖人も、本当の自分、ソクラテスも、汝自身を知れ。

 

その汝自身を知れっていうのは、肉体の自分を知るのか、心の自分を知るのか、

神である本当の自分とみるのかによって、その同じ汝、本当の自分の何かによって違ってくる。

 

それと、妥協とは何をもって、妥協なのかわかりませんけれど、妥協するしないを越して、

 

とにかく出会う人が自分の最高のパートナーだと、思ってまず、つきあってみて、

そこから出る答えでいんじゃないですか。

 

いろんなことを、考えすぎちゃったら、いつ現れるだろう、いつ現れるだろうって、わかりませんから。

 

ただ、間違いなく言えることは、世界中に、70億人の人口がいるとしたら、35億人が男で、

35億人が女、真っ二つに分ければ。

 

だから、男性は、35億人は、もしかしたら、可能性はないとは言えないかもしれない。

反対も、同じです。

 

これこれ条件を、つけたらきりがないです。

 

まあ、それくらいちょっと踏み込んで、いくことによって人生が、さらに面白いものになっていくでしょう。