カテゴリー: 真我

時間と空間を最大限に活かすと、合理的になる

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は10月3日です。

 

佐藤康行.

私は、この仕事を、専門にやる前は、ステーキ屋のレストランの社長だったの。

 

北海道から、十五歳できて、夜は学校行きながら、皿洗いから始めて、営業やってお金をためて、そして、資本金をためて、

そして、四ツ谷に九坪の店を出しました。

 

それから、百店舗計画をたてて、俺は、将来百店舗やるぞと、十年以内に、百店舗つくるぞと、目標を設定しました。

 

毎月、店をオープンした時期も、ありました。

 

一日に、二店オープンしたことも、ありました。

 

とにかく、回転率だということで、立ち食いステーキをいうのを考えた。

 

それは、夢の中にでてきた。

 

立ち食いステーキ。

 

夢の中に出てきて、回転率をあげるには、どうしたらいいか。

 

千円ステーキを、最初に考えたのは、私です。

 

そのあと、立ち食いステーキで、650円で、ライス付きにしたんです。

 

テレビ局がきて、スーパーテレビのテレビ局がきて、こうやって、私のところにきました。

 

佐藤さんは、たいへん面白い人だと聞きましたが、なんか世の中を、もっと元気にさせる面白いことなんかないですかって、

私の頭の中を取材しにきたの。

 

日本テレビで、スーパーテレビは、今はやっていないけれど、面白い事ね。

 

立ち食いステーキって、やろうと考えているんだって、いったらその日本テレビのディレクターが、ひざポンとたたいて、それは面白い。

 

是非、それをオープンさせてください。

 

最初から、準備からオープンまで、テレビにのっけますから。

 

簡単にいうわけ、金だしてくれるわけじゃないのに。

 

でも、じゃあ、やってみようと。

 

これは、宣伝費になるなと。

 

それで、準備の段階からオープンまで、夢に出てきた立ち食いステーキ。

 

本当にオープンした。

 

そしたら、とんでもないことになった。

 

教育テレビが、全部取材しにきました。

 

すべての一局。

 

一日16坪の店で、一日千人から千二百人くらいきた。

 

一日ですよ。

 

たぶん、いまだに、ギネス級だと思う。

 

まあ、そういうことで、時間と空間を最大限に、活かすということです。

 

ステーキの提供時間10秒です。

 

10秒。

 

そんな、馬鹿な事できると思うでしょ。

 

できるんです。

 

鉄板に、肉をきっておいといて、そして、カウンターの下に、それがいっぱいはいる棚をつくって、

 

用意してヒコーキのあれみたく、鉄板のうえにコンロを、おいていて、お客さんがきたら、ピュッとだして、ピュッと火をつける。

 

10秒。

 

ミディアムだとかレアだとか、自分で調整できる。

 

それで、そうなった。

 

ものすごく、合理的なんですよ。