カテゴリー: 真我

神⑪

ブログは朝(737分)にUPします。次回は7月20日(土)です。

 

Q.なぜ、生きているのか、よくわからないのですが。

 

佐藤康行.わからなくても、生きている。なぜ心臓が、動いているか、わからない。

 

私たちの心臓が動いているのは、生命の働き。私たちの五感とは違う。

 

五感でも、六感でも。生命という、神の疑似体験をしている。

 

私たちは、神に似せて生きようという本能があるでしょ。

 

子どもが親に似せて生きようとしているのと同じ。

 

環境に適応するように、いろんな生物が合わせていくでしょ。

 

なぜなら、その環境で現れたものだから。

 

だから、そこに戻ろうとしている。この地球という環境に。

 

二千億もある生命体が。

 

南極でシロクマが、脂肪をつけ暖かいように。

 

南極の環境に似せるでしょ。合わせるということ。

 

それを似せるという言葉で表現している。

 

環境に適合というより、その環境から生まれたんだから、適合という言葉も正しくない。

 

私たちから見たら、そういう適合しているように見える。その環境が、最もいい、環境なの。

 

だから、私は、太陽に生命体が居てもおかしくないと思っている。

 

なぜなら、その環境が一番いい、生命体が居てもおかしくない。

 

私の神の捉え方は、科学的でしょ。

 

人間が思う科学じゃないよ。

 

自分の都合の良いように捉えないという意味です。