人生の目標は、一番遠いところから立てる

  • 2021年01月06日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月8日(金)です。

 

佐藤康行.心は生かし方によっちゃ、めちゃくちゃ便利。心っていうより真我ですよ。

 

どのようにして目覚めさせるかというと、縦は次元、横は時間。

 

私たちはオギャって生まれていつか死にます。間違いなく。

 

江戸時代の人は生きてません。鎌倉時代の人も。100%去らなきゃいけない。

 

普通今までの成功哲学だったら、今から目標を設定してやる。

 

その目標が違っていたら、自分のやるべき事をやらないで死んじゃうっていう事ですよ。私がそうだった。

 

私はステーキ屋の社長で、マクドナルドを追い抜いてやろうと思ってやってた。

 

だけどそれが自分の仕事じゃないってはっきりわかって、今、あれを手放した。

 

だから人生は先に、一番遠いところから立てる。

 

死ぬときに「私の人生は最高だった。なんて良い人生だったんだろう」

 

こうやって、死ぬ時には、お金も土地も財産も、家族も何も持って行けません。

 

死ぬ瞬間に素晴らしかったって言って、死ねる。それを今からその生き方をするんです。

 

死から生を見る。死から生を見ることによって、命の尊さ、時間の貴さ、生きる事の尊さ、この瞬間瞬間の大切さがわかってくる。

 

これは時間軸で見た人生。もう一つは次元軸で見た人生。先ほどのビルの話で、こっから見たらここまで見える。

 

こっから見たらここまで見える。一番高い所で見たら全部見える。一番高い、宇宙意識、神意識から見る。

 

全部私のやり方は、今まで見た反対から見る。死から生を見る。宇宙意識、神意識から全部自分を見る。

 

人生は一発勝負です。本当の自分を知って、本当のやるべき事を知って、それをスタートラインにする。

 

何歳でも一緒ですよ。それをスタートラインにする。そしたら悔いのない人生生きれるんですよ、みなさん。

 

今からでも。私これ、30年やってる。何十年も変化してる人の姿見てる。これで本、何百冊出した。

 

ま、そういうことで。この真我、本当の自分。あなたという本当の自分。状況じゃないですよ、みなさん。

 

と言うことは今回のコロナウィルスを毎回テレビで見させれれて、あれでどんどんおかしくなってる人がいるんですよ、皆さん。

 

続く

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。