佐藤康行が真理を伝える人で一番と言えるのは? ぶれないためには?

  • 2015年02月15日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

Q.佐藤康行が真理を伝える人の中で一番だと言えるのは、真我を体感させることをしているからですか?

 

A.あまり、私、一番とか、言わなかったんだけど、ちゃんと、そろそろ、自覚しなきゃいけないんだと。そう思って今、言っているんです。

あえて、自分に言い聞かせるように言っているんです。これは、責任をもちますよ、と言っているのと同じなんです。責任をもちますよと。

だから、私は、これ病気だったら、私がこれ治すのが一番だよって、ガンを治すのが一番だよって言ったら、本当にやならきゃだめじゃない。

だから、責任をもちますよと言っているんです。私の右に出る人間はいませんって言ったほうが頼もしいでしょ。そういう思いなんです。

 

Q.ぶれるという話とつながると思いますが、仏教では三宝に帰依しなさいと言われています。真我も継続して追究しないとせっかく出会ったのに、と思うような現象も見られます。

でも信じて追究しなさいというと、宗教団体のようですし、この矛盾はどうしたらいいですか?

 

A.その矛盾も解決するために、今回理論編をやるということです。今、あなたに答えているのが、理論編なんです。

私は、今、話だけで、理論だけで答えているわけ。そして、納得するわけ。それは、理論で納得するわけです。

添乗員の話をするでしょ。私の旗のところに来てくださいと、そして見てくださいっと、いう役目なんですよ。

だから、帰依するっていうのは、そういう風に受け止めていいんじゃないですか?この旗から、目を離さないというのが、帰依するということです。

 

Q.そう思います。しかし、帰依できないがためにもったいないなと思うことがあります。

 

A.そうね。薬のように取り扱い説明書ってありますよね。注意事項みたいなものがありますね。注意事項とか、効能とかあるじゃないですか。

だから、そういう意味で、こういう医療をやっているかもしれない。真我の医療で、その後をどうするか。

目覚めて、救われた後にどうするかということですね。それが、次の仕事だと思います。だから、本当にね、人が必要なんです。

いろんな能力の人が。私は、残りの人生全部それにかけていいと思っているんです。すべてを。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。